医療について

医療行為はあくまで有資格者のみ

医療行為ができるのは医師のみになります。
だからこそ、日本で最も難しい資格とされているわけです。
看護士などがやっていることでもありますが、これは医師の指示を受けて、ということになりますから、明確に単独で医療行為をしているわけではありませんから、勘違いしないようにしましょう。
医療というのはお金が物凄くかかることになります。
だからこそ医師が高給であるわけでもありますが、とにかく全額負担となりますとかなりの金額になります。
そのため、保険があります。
日本では先進医療でもない限りは三割負担で受けることができます。
国民皆保険というのがありますから、それによって十分に負担を軽くすることができるでしょう。
しかし、それよりももっと、としたいのであれば民間の医療保険に加入するようにしましょう。
そうすればさらに充実した保証を受けることができるようになります。
プラスになる、というわけではありませんが、負担は軽くなります。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.